風の万里 黎明の空(上)十二国記

講談社文庫
カゼノバンリレイメイノソラジュウニコクキ
風の万里 黎明の空(上)十二国記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私には王としての力が足りない──人々の惨状を目のあたりにし景王・陽子は水禺刀(すいぐうとう)を手に立ちあがる。正義のため、慶国のために!!

天命により慶の国、景王となった陽子は民の実情を知るために街へ出た。
目前で両親を殺された芳国公主(ほうこくこうしゅ)の座を奪われた祥瓊(しょうけい)は、父王の非道を知り自らを恥じていた。
蓬莱(ほうらい)から才国に流されてきた鈴(すず)は華軒(くるま)に轢(ひ)き殺された友・清秀の仇討ちを誓った。
それぞれの苦難を抱いて三少女はやがて運命の邂逅(であい)の時を迎える──。

製品情報

製品名 風の万里 黎明の空(上)十二国記
著者名 著:小野 不由美
発売日 2000年10月12日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-264998-8
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫