風の群像(下) 小説・足利尊氏

講談社文庫
カゼノグンゾウゲショウセツアシカガタカウジ
  • 電子あり
風の群像(下) 小説・足利尊氏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幕府開府で戻った平穏も束の間、兄弟による二頭政治は綻(ほころ)び始めた。嫡子義詮(よしあきら)を溺愛する尊氏に芽生えた、弟と己れの落し種直冬(ただふゆ)への疑心は、足利一門の骨肉食む内乱を生んだ。燻る南朝の火種は燃え立ち、再び策謀渦まく権力興亡の世に。南北朝動乱を風のごとく駆け抜けた武士(もののふ)たちの春秋を描く、著者畢生の傑作。


足利の内乱、南北朝抗争の真相。

幕府開府で戻った平穏も束の間、兄弟による二頭政治は綻(ほころ)び始めた。嫡子義詮(よしあきら)を溺愛する尊氏に芽生えた、弟と己れの落し種直冬(ただふゆ)への疑心は、足利一門の骨肉食む内乱を生んだ。燻る南朝の火種は燃え立ち、再び策謀渦まく権力興亡の世に。南北朝動乱を風のごとく駆け抜けた武士(もののふ)たちの春秋を描く、著者畢生の傑作。

目次

  • 院か、犬か
  • 冬銀河
  • 水と土
  • さかさ神輿
  • 天竜寺供養
  • 父となる日
  • 枯野
  • 吉野炎上
  • 佐どの出陣
  • 桟敷くずれ
  • 毒液
  • むしくい願文
  • 窮鳥、雲に消える
  • 虚々実々
  • 淡雪童子
  • 将のこころ僧のこころ
  • 師直死す
  • 愚父尊氏
  • 陰鬼
  • 老師入寂
  • 賀名生詣で
  • ふるさと鎌倉
  • 落花
  • 地獄図
  • 手から手へ
  • 引出物
  • からたち御所
  • 鶴去りぬ
  • 怨憎会苦
  • 春秋五十三年

製品情報

製品名 風の群像(下) 小説・足利尊氏
著者名 著:杉本 苑子
発売日 2000年09月13日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-264996-4
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照

オンライン書店で見る