帰りたかった家

講談社文庫
カエリタカッタウチ
  • 電子あり
帰りたかった家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10歳で経験した両親の離婚。その3年後に訪れた父の死は「母には安堵感、私には悲しさ」を残した。厳格な祖父露伴、母文と暮した逃れようのない小石川の家。そして優しい父が待つ、ひたすら帰りたいと願ったもうひとつの幼い日の家。気品溢れる文章で、昭和初期の東京の息づかいとともに綴る自伝的長編エッセイ。(講談社文庫)


優しかった父への思慕、母との絆。
祖父幸田露伴、母文、そして短かった父との日々を綴る自伝的エッセイ。

10歳で経験した両親の離婚。その3年後に訪れた父の死は「母には安堵感、私には悲しさ」を残した。厳格な祖父露伴、母文と暮した逃れようのない小石川の家。そして優しい父が待つ、ひたすら帰りたいと願ったもうひとつの幼い日の家。気品溢れる文章で、昭和初期の東京の息づかいとともに綴る自伝的長編エッセイ。

目次

  • 命拾い
  • 散歩
  • 昼の湯
  • まゆ玉
  • 銀座ゆき
  • 大森の日
  • 築地・八丁堀
  • みの虫
  • テディベア
  • 戦後
  • 男親の顔
  • 相親
  • 友兄さん
  • 遠い記憶
  • あとがき

製品情報

製品名 帰りたかった家
著者名 著:青木 玉
発売日 2000年02月15日
価格 定価 : 本体448円(税別)
ISBN 978-4-06-264792-2
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は’97年2月に小社より刊行された。

オンライン書店で見る