夏至祭

講談社文庫
ゲシサイ
  • 電子あり
夏至祭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

廃坑の町を棄て、1人の少女を不幸にした負い目を残して都会へ出た靖雄は、過去の傷を抱え、孤独をなめるような生活を続ける。土の匂い、山の息吹に引かれるように戻った故郷は、ベッドタウンとして新たな活力と創造に満ちていた。彼もまた、再生できるのか? 人間の生命力を讃える表題作他2編を収録。(講談社文庫)


孤独に倦(う)んだ男が再生への息吹を謳う
廃坑の町が紡ぎ出す生命力を綴る。第17回野間文芸新人賞受賞作品!

廃坑の町を棄て、1人の少女を不幸にした負い目を残して都会へ出た靖雄は、過去の傷を抱え、孤独をなめるような生活を続ける。土の匂い、山の息吹に引かれるように戻った故郷は、ベッドタウンとして新たな活力と創造に満ちていた。彼もまた、再生できるのか? 人間の生命力を讃える表題作他2編を収録。

目次

  • 夏至祭
  • 花火
  • コスモス

製品情報

製品名 夏至祭
著者名 著:佐藤 洋二郎 解説:秋山 駿
発売日 1999年06月15日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-263967-5
判型 A6
ページ数 214ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る