ブルー・マン 神を食った男

講談社文庫
ブルーマンカミヲクッタオトコ
  • 電子あり
ブルー・マン 神を食った男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ハイパー伝奇バイオレンス。八千草飛鳥、登場! 古代の神と合体した絶世の美少年は人食い鬼だった。飛鳥は日本をどう変える? ーー希代の美少年にして殺人嗜好症という八千草飛鳥は、18歳にして57人をナイフで解体した人喰い鬼(グール)だ。古代より日本を闇から支配した神が出現したとき、飛鳥はその神を食ってしまった。太古の神と合体した美貌の殺人鬼は、銀色に光るナイフを胸に、日米特殊能力諜報機関と対決する。菊地ホラー小説の新シリーズ!

製品情報

製品名 ブルー・マン 神を食った男
著者名 著:菊地 秀行 解説:小野 不由美
発売日 1995年12月07日
価格 定価:470円(本体427円)
ISBN 978-4-06-263119-8
判型 A6
ページ数 244ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’93年1月に小社より講談社ノベルスとして刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る