お伝地獄(下)

オデンジゴクゲ
  • 電子あり
お伝地獄(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最愛の夫のハンセン病治療のため、高橋お伝は名医ヘボン博士を頼って、文明開化も間もない横浜に移り住む。異国情緒と活気あふれる港街で、治療費捻出のために夜ごと男を求めるお伝。そして出会った運命の男。彼女は底知れぬ無間地獄の闇に、否応なく引きずりこまれていった……。お伝は悪女か、はたまた貞女か。美貌ゆえに人生を狂わされた一人の女の凄絶な宿命と真実の姿を追った、大衆文学史を飾る傑作長編。


最愛の夫の癩治療のため、高橋お伝は名医ヘボン博士を頼って文明開化間もない横浜に移り住む。異国情緒と活気あふれる港街で、治療費捻出のために夜ごと男を求めるお伝。そして出合った運命の男。彼女は底知れぬ無間地獄の闇に、否応なく引きずりこまれていった……。お伝は悪女か、はたまた貞女か。美貌ゆえに人生を狂わされた1人の女の凄絶な宿命と真実の姿を追った、大衆文学史を飾る傑作長編。

製品情報

製品名 お伝地獄(下)
著者名 著:邦枝 完二
発売日 1996年12月18日
価格 定価:876円(本体796円)
ISBN 978-4-06-262065-9
判型 A6
ページ数 274ページ
初出 『大衆文学大系13 下村悦夫 邦枝完二 木村毅集』1972年5月 講談社刊

書店在庫を見る

オンライン書店で見る