仏法僧とは何か  『三宝絵』の思想世界

講談社選書メチエ
ブッポウソウトハナニカサンボウエノシソウセカイ
  • 電子あり
仏法僧とは何か  『三宝絵』の思想世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

"源為憲が永観二年(九八四)、尊子内親王に献上した『三宝絵』。
三巻に分かれ、仏教説話によって構成されている。
釈迦は衆生を救うべく身を捨てて仏と成った。
上巻では、菩薩とよばれた前世での釈迦の実在する世界が、中巻では菩薩から僧に法が伝えられる様が、そして下巻では僧が行う仏教儀礼が語られる。現代社会にも深く浸透している日本仏教とは何なのか。
ここから、その本質が見えてくる!

目次

  • 第一章 『三宝絵』の語る歴史
  •  一 真理と慈悲
  •  二 若き内親王の出家
  •  三 神話的な歴史
  •  四 平安時代の仏教における『三宝絵』
  • 第二章 仏宝――施から孝養へ
  •  一 釈迦の前世
  •  二 尸毗王(しびおう)の行い
  •  三 菩薩の願い
  •  四 帝釈天のはたらき
  •  五 天と地
  •  六 孝養という行
  • 第三章 法宝――音から物へ
  •  一 仏の教え
  •  二 聖徳太子
  •  三 法の力
  •  四 供養という行
  • 第四章 僧宝――亡き釈迦と亡き母と
  •  一 僧の役割
  •  二 修正月
  •  三 見えない釈迦
  •  四 花をささげる
  •  五 盂蘭盆会の由来
  • 第五章 絶対的な幸福をめざして
  •  一 ともに仏と成る
  •  二 祈る子

製品情報

製品名 仏法僧とは何か  『三宝絵』の思想世界
著者名 著:藤村 安芸子
発売日 2011年07月13日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258507-1
通巻番号 505
判型 四六
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る