墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便

講談社+α文庫
ツイラクイタイオスタカヤマノニッコウキ123ビン
墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

慟哭、錯乱、無惨。全遺体の身元はこうして確認された!!
「遺族の極限の悲しみ、想像を絶する修羅場」を描きつくしたと、朝日新聞等で絶賛されたベストセラー、待望の文庫化。この事故を風化させてはならない!!

1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に日航機123便が墜落。なんの覚悟も準備もできないまま、一瞬にして520人の生命が奪われた。本書は、当時、遺体の身元確認の責任者として、最前線で捜査にあたった著者が、全遺体の身元が確認されるまでの127日間を、渾身の力で書きつくした、悲しみ、怒り、そして汗と涙にあふれた記録。生と死のはかり知れない重さが胸に迫る!

製品情報

製品名 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
著者名 著:飯塚 訓
発売日 2001年04月19日
価格 定価:869円(本体790円)
ISBN 978-4-06-256515-8
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’98年6月、講談社より刊行。

書店在庫を見る