それでも前へ進む

文芸(単行本)
ソレデモマエヘススム
それでも前へ進む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2000万人が泣いた伝説のエッセイ、待望の書籍化! めぐる季節とともに思い返す、家族、友、仕事、人生――。JR東日本の車内誌「トランヴェール」の歴代人気No.1連載「車窓に揺れる記憶」がついに単行本化!120万部突破の国民的ベストセラー『大人の流儀』シリーズから連なる、小説家・伊集院静の真の魅力満載。悩み、迷い、立ち尽くす――それでも前へ進むための、すべての大人たち必読の一冊!


2000万人が泣いた伝説のエッセイ、待望の書籍化!
めぐる季節とともに思い返す、家族、友、仕事、人生――。
誰よりも多くの出会いと別れを経験した著者だから語れる、苦みと優しさに満ちた魂のメッセージ。
JR東日本の車内誌「トランヴェール」の歴代人気No.1連載「車窓に揺れる記憶」が、三年半の時を経てついに単行本化!

120万部突破の国民的ベストセラー『大人の流儀』シリーズから連なる、小説家・伊集院静の真の魅力満載。
悩み、迷い、立ち尽くす――それでも前へ進むための、すべての大人たち必読の一冊!

目次

  • 【第一部】車窓にうつる記憶
  • 「春になればね……」
  • クマの昼寝
  • 雨の紫陽花
  • 光に抱かれて
  • 花火に祈る
  • 夜半の花
  • 秋の小包
  • 秋の海辺
  • 冬の駅舎
  • 元旦の朝の空
  • 暖炉の火
  • また春が来る
  • ゆったりした時間
  • きらめく棚田
  • 骨太の指
  • 或る夏の朝
  • 夏のよろこび
  • 差しのべる手
  • 帰省
  • 黄金色の時間
  • ストーブ列車
  • 寒牡丹
  • 父の帰省
  • 先生と電車で
  • 【第二部】それでも前へ進む
  • 2011年3月11日後の風景
  • 人生は哀しみに満ちている
  • 孤独だけが自分が何者であるかを教える
  • ここまでやってきた、これからもできる

製品情報

製品名 それでも前へ進む
著者名 著:伊集院 静
発売日 2014年12月05日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219283-5
判型 小B6
ページ数 202ページ
初出 「トランヴェール」2009年4月号~2011年3月号(「車窓に揺れる記憶」を改題) 単行本化にあたり、語り下ろし「それでも前へ進む」を加えました。

著者紹介

著:伊集院 静(イジュウイン シズカ)

1950年山口県生まれ。 立教大学文学部卒業。CMディレクターなどを経て、1981年「皐月」で作家デビュー。1991年『乳房』で吉川英治文学新人賞、1992年『受け月』で直木賞、1994年『機関車先生』で柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で吉川英治文学賞を受賞。
近著に、『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』『許す力 大人の流儀4』『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』『となりの芝生』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス