真実への盗聴

文芸(単行本)
シンジツヘノトウチョウ
真実への盗聴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

結婚して間もない七川小春は、勤め先のブラック会社を退職した。高齢化が進み年金負担が激増する社会で、小春は寿命遺伝子治療薬「メトセラ」を開発したアスガルズ社の採用に応募する。じつは小春は19年前に受けた遺伝子治療の副作用で、聴覚が異常に発達していた。その秘密を知るアスガルズ社の黒崎は、「メトセラ」の製品化を阻もうとする子会社に、小春をスパイとして派遣する。


結婚して間もない七川小春は、勤め先のブラック会社を退職した。高齢化が進み年金負担が激増する社会で、小春は寿命遺伝子治療薬「メトセラ」を開発したアスガルズ社の採用に応募する。
じつは小春は19年前に受けた遺伝子治療の副作用で、聴覚が異常に発達していた。その秘密を知るアスガルズ社の黒崎は、「メトセラ」の製品化を阻もうとする子会社に、小春をスパイとして派遣する。

製品情報

製品名 真実への盗聴
著者名 著:朱野 帰子
発売日 2012年08月04日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-217888-4
判型 四六変型
ページ数 258ページ

書店在庫を見る