神社は警告する─古代から伝わる津波のメッセージ

ジンジャハケイコクスルコダイカラツタワルツナミノメッセージ
神社は警告する─古代から伝わる津波のメッセージ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 第一章
  • 神社の手前で津波が止まった?
  • 第二章
  • 歴史津波の痕跡をたどる
  • 第三章
  • 神社に残る津波の“記憶”
  • 第四章
  • 傾聴すべき災害のメッセージ
  • 第五章
  • 警告は無視された

製品情報

製品名 神社は警告する─古代から伝わる津波のメッセージ
著者名 著:高世 仁 著:吉田 和史 著:熊谷 航
発売日 2012年11月28日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-217718-4
判型 四六
ページ数 226ページ

著者紹介

著:高世 仁(タカセ ヒトシ)

高世仁(たかせ ひとし)
1953年山形県生まれ。
早稲田大学大学院単位履修中退(博士課程)。1982年、通信社に入社。特派員として約10年にわたり東南アジア(タイ、フィリピン)に駐在。1998年、テレビ番組制作会社(株)ジン・ネットを設立。1997年2月、横田めぐみさんらしい女性を北朝鮮で目撃したとの元北朝鮮工作員の証言をはじめて日本のテレビで紹介、拉致疑惑がクローズアップされるきっかけになる。著書に『拉致―北朝鮮の国家犯罪』(講談社文庫)などがある。

著:吉田 和史(ヨシダ カズシ)

吉田和史(よしだ かずし)
1979年埼玉県生まれ。立教大学法学部卒業。早稲田大学川口芸術学校で映像制作を学ぶ。
現在、ジン・ネットでディレクターとして報道・ドキュメンタリー番組を制作。

著:熊谷 航(クマガイ ワタル)

熊谷航(くまがい わたる)
1980年福島県生まれ。東京工業大学大学院情報理工学研究科修了(工学修士)。(株)ジン・ネット入社。主に北朝鮮の拉致問題に関する番組制作に携わる。退社後、沿岸域の環境調査、測量などの業務に携わる一方で、神社と津波防災、復興への取り組みに関する講演活動もおこなっている。

書店在庫を見る