大幽霊烏賊 名探偵面鏡真澄

文芸(単行本)
ダイユウレイイカメイタンテイイジカマスミ
大幽霊烏賊 名探偵面鏡真澄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和のはじめ、日本最初の専門精神科病院で起きた凄惨な事件。新米医師が謎解きに挑む。異能の乱歩賞作家による三十年に一本の衝撃!


現実のすぐ隣にある奇跡 夢から覚めると、夢を見ていた。
『脳男』の首藤瓜於が放つ三十年に一本の衝撃!

「ほんとうに神様がいるのなら……」
昭和のはじめ、日本で最初にできた専門精神科病院で起きた凄惨な事件。新米医師の使降醫(しぶりいやす)が、博覧強記の天才・面鏡真澄(いじかますみ)とともに謎解きに挑むと、病院幹部たちが絡んだ忌まわしい過去と繋がっていた。謎の患者「黙狂」は何者なのか。元クジラ捕りが見た「烏賊」の意味するものとは。

※必ず本を閉じて現実に戻ってきてください。

異能の乱歩賞作家による驚愕の精神医療ミステリー

目次

 【第一部】
 1 理想の大病院
 2 北第六病棟の「黙狂」
 3 居心地の良い下宿。養父院長の悩ましい立場について
 4 忙中閑なし
 5 三狂人
 6 一夜のうちに天女と悪鬼とを見る事
 7 謎は深まるばかり
 8 副院長は働き者
 9 天草の水主
 10 新米医者奮闘す
 11 エーハブ船長がマストに打ちつけたのは金貨だったか銀貨だったか
 12 めまいのする散歩
 13 疑問と考察
 14 もちろん、女さ!
 15 混乱
 16 『ベートーベン・フリーズ』

 【第二部】
 1 大幽霊烏賊
 2 精神科医として診察する
 3 体温計紛失事件の顛末
 4 幕間喜劇
 5 王様はなぜ花嫁の首をはねたか
 6 「野球は害毒である」
 7 面鏡との対話
 8 誘惑
 9 草をむしる日々
 10 時間感覚についての余談
 11 論理明快
 12 「黙狂」の正体がついに明かされる
 13 攫われた「黙狂」
 14 胡柳先生の告白
 15 終焉に向かって
 16 小田原看護長との対決
 17 青天の霹靂
 18 「現世ではくもれる鏡に映すがごときなるも、時いたらば面をあらわさん」

製品情報

製品名 大幽霊烏賊 名探偵面鏡真澄
著者名 著:首藤 瓜於
発売日 2012年06月29日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-217587-6
判型 四六変型
ページ数 578ページ
初出 『インポケット』2009年1月号~2010年4月号、2011年1月号~10月号