闇の喇叭

文芸(単行本)
ヤミノラッパ
闇の喇叭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

――平世21年。探偵行為を禁止する法律が成立し、探偵狩りが行われている現代。少女・空閑純は、かつて名探偵として名を馳せた両親に育てられたが、母親はある事件を追う最中に行方不明となっていた。母の出身地である奧多岐野に父とともに移住し、帰りを待つ純だったが、そこで発見された身元不明の他殺死体が、父子の日常を破壊する! 存在意義を否定された探偵に謎が牙を剥くとき、新たな物語が動き出す!!


第二次世界大戦後、日本は南北に分断され、北海道は<日ノ本共和国>として独立。日本国内では北のスパイが暗躍し、政府は警戒を強めていた。
――そして平世21年。私的探偵行為を禁止する法律が成立し、探偵狩りが行われている現代。
少女・空閑純は、かつて名探偵として名を馳せた両親に育てられたが、母親はある事件を追う最中に行方不明となっていた……。母の出身地である奧多岐野に父とともに移住し、帰りを待っていた純だったが、そこで発見された身元不明の他殺死体が、父子の日常を破壊する! 存在意義を否定された探偵に謎が牙を剥くとき、新たな物語が動き出す!!

目次

序 章 分断
第1章 スパイと天使
第2章 怒りの日
第3章 誰も知らない男
第4章 海慧鼻の死
第5章 男と女
第6章 落日の喇叭
終 章 ソラへ

あとがき

製品情報

製品名 闇の喇叭
著者名 著:有栖川 有栖
発売日 2011年09月15日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217209-7
判型 四六
ページ数 324ページ
初出 2010年6月理論社より単行本として刊行されたものに、加筆・修正したもの。