ユーラシアの双子 下

ユーラシアノフタゴ
ユーラシアの双子 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

終着駅で迎えるのは絶望か救済か。
ロシアを越えリスボンまで一路15,000キロ。凍てついた心を乗せ列車はユーラシアの果てへ。

人間の愛と絆の本質に迫る大崎善生の最高傑作。

石井は、自殺した長女の死の責任を自分に問いながら旅を続けていたが、死を決意し西へ向かうエリカの存在を偶然知ることに。ベルリンで出会った19歳の彼女は娘の生き写しだった。パリの9月4日通り、バルセロナのサグラダ・ファミリア……西の果てのリスボンで迎える感動の結末。そして長女とエリカを結ぶ双子の秘密とは!?

講談社創業100周年記念出版

製品情報

製品名 ユーラシアの双子 下
著者名 著:大崎 善生
発売日 2010年11月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216647-8
判型 四六
ページ数 322ページ