ユーラシアの双子 上

ユーラシアノフタゴ
ユーラシアの双子 上
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“孤独”という荒野の出口を探す旅がはじまる。
ウラジオストックからモスクワに、西へ西へ。列車はシベリアの大地をひた走る。

現地完全取材敢行。壮大なスケールの長編小説。

自死した娘、病床にある元妻……50歳で会社を早期退職した石井隆平は決して戻らぬ自分の半生を噛みしめ、ひとりユーラシア大陸横断の旅にでる。逗留先のウラジオストックで自殺を決意し旅をするエリカの存在を偶然知った石井は、彼女の自殺をひき止めようと決意する。止まぬ悔悟と芽生えた微かな希望。列車はシベリアのタイガからバイカル湖を越えモスクワに――。

講談社創業100周年記念出版

製品情報

製品名 ユーラシアの双子 上
著者名 著:大崎 善生
発売日 2010年11月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-215260-0
判型 四六
ページ数 338ページ