靖国問題の核心

ヤスクニモンダイノカクシン
  • 電子のみ
靖国問題の核心
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「直言」主筆・宮崎学氏絶賛!!!
「“自分ならどうするのか”それが歴史とむき合うことだ。それをこの本からつかんでくれ!」

<主な内容>
●イメージとしての“靖国神社”
●問われる靖国の本質
●国家祭祀と戦死者追悼
●政教一致と祭政一致の混同
●「追悼」を独占する国家
●保存・再生される靖国神社
●再検証・戦争観の変遷
●市民宗教としての国家神道
●中世の個人主義への回帰
●「私」、「個」、「神」
●超国家主義のサブスタンス
●信教の自由と政教分離
●共同幻想と国家
●価値観の身体化
●非戦論の展開と「平和」
など

目次

  • 不可避な死──時代的な死、そして祭祀
  • 「神々の敗北」から
  • 第一章 はじめに──靖国神社とは何か
  • ○ 靖国問題の論点
  • ○ イメージとしての「靖国神社」
  • ○ 問われる靖国の「本質」
  • 第二章 近代国家と戦争
  • ○ 国家祭祀と戦死者追悼
  • ○ 政教一致と祭政一致の混同
  • ○ 「追悼」を独占する国家
  • ○ 保存・再生される靖国神社
  • ○ 再検証・戦争観の変遷
  • 第三章 大東亜戦争とは何だったか
  • ○ 市民宗教としての国家神道
  • 第四章 国民国家と天皇
  • ○ 中世の個人主義への回帰
  • ○ 「私」、「個」、「神」
  • ○ 超国家主義のサブスタンス
  • ○ 信教の自由と政教分離
  • ○ 共同幻想と国家
  • ○ 価値観の身体化
  • ○ 非戦論の展開と「平和」
  • 近代日本市民宗教の運命
  • ■靖国問題の核心 註■

製品情報

製品名 靖国問題の核心
著者名 著:富岡 幸一郎 著:三上 治 著:大窪 一志

オンライン書店で見る