志ん生的、文楽的

シンショウテキブンラクテキ
志ん生的、文楽的
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

待ってました
ご用とお急ぎの方こそ読まれたし

8代目文楽の語りの向こうに江戸の崩壊を見、5代目志ん生の噺の彼方に黄塵万丈の大陸風景を幻視する。これぞ平岡流落語論だ!

<主な内容>
●頭蓋骨の中の桂文楽
●水に落ちた幇間はぶちのめすべし
●文楽の「つるつる」
●志ん生の「つるつる」
●遠くちらちら火の手が見える
●満洲における志ん生、圓生、森繁
●「野ざらし」マンハッタン
●穴どろ三人衆
●それからの「穴どろ」と志ん生の「富久」
●「悋気の火の玉」論より証拠藁人形
●文楽と志ん生の「締め込み」くらべ
●「寝床」の文楽と志ん生
●「松山鏡」および「厩火事」の民話
●「芝浜」の文楽ヴァージョンはあったのか
●落語の波止場と不心中
●巨匠が源内と言いまちがえた理由
●「居残り佐平次」と村岡伊平治
●戦後落語の黒い背骨
●志ん生「らくだ」と老舎『駱駝祥子』
ほか14本

製品情報

製品名 志ん生的、文楽的
著者名 著:平岡 正明
発売日 2006年06月25日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-213501-6
判型 四六
ページ数 470ページ
初出 『志ん生「らくだ」と老舎『駱駝祥子』』は『アリエス』02号(2005年3月25日刊)に初出掲載。正言@アリエス(2006年4月17日号)に再掲。『満州における志ん生、圓生、森繁』は正言@アリエス(2006年4月24日号)に初出掲載。その他はすべて書き下ろし。

書店在庫を見る