推理日記PART10

文芸(単行本)
スイリニッキパートテン
推理日記PART10
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これは、乱歩さんと約束した評論である。

横山秀夫氏『半落ち』――受刑者の骨髄移植をめぐる論争に物申す。
荻原浩氏『明日の記憶』――実に効果的な「日記」の使い方と言えよう。
東野圭吾氏『さまよう刃』――この復讐劇は『ジャッカルの日』より数段上だ。

通算10巻達成記念の増ボリューム!最新の55編を収録した辛口評論集
ますます冴えわたる!ミステリー界の名物エッセイ、堂々の第10弾到達!

『推理日記』は、30年以上にわたって毎月1度も休まず書いて来たものであり、そして、これがあるからこそ、推理小説を読み続けて来たと言えなくもない。こう考えると、『推理日記』を代表作と称してもいいのではないか。それが10巻になった。ちょっと自慢したい気持である。――<本文より>

製品情報

製品名 推理日記PART10
著者名 著:佐野 洋
発売日 2005年09月20日
価格 定価 : 本体2,300円(税別)
ISBN 978-4-06-213108-7
判型 四六
ページ数 294ページ
初出 『小説推理』2001年1月号~2005年7月号