亡き母や

文芸(単行本)
ナキハハヤ
亡き母や
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

遠い記憶のなか満開の櫻の下に母がゐる 処女作から六十年 傘寿をこえて ゆかりの人を尋ね 辿り直した母の生涯
風格とおかしみのある自在の筆で描く傑作連作長篇

齢とるにつれ、自分の癇癪持ちで短気な、場合によつて火のついたやうになる性癖が、独自の個性でも何でもなく、単に亡母の遺伝子をそつくり受け継いでゐるだけのことではないかと、段々さう思ふやうになつて来た。とろくさいのが嫌ひ、べとべとするのが嫌ひ、「つめたい」とか「情緒に欠ける」とか、周りの者から時々非難されるけれど、割り切れるものははつきり割り切つて置きたい方で、その点も母と私と似てゐる。――(本文より)

製品情報

製品名 亡き母や
著者名 著:阿川 弘之
発売日 2004年05月22日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-211807-1
判型 四六
ページ数 246ページ
初出 『群像』’01年7月号、’02年1月号~’04年3月号まで隔月に連載