二十歳のあとさき

文芸(単行本)
ハタチノアトサキ
二十歳のあとさき
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オリンピックを控え、改造されゆく東京で私は成人式を迎えた。
佃の渡しは廃止され、赤線は修学旅行生の宿になった。急激に姿を変える町で、少年期を脱皮していく仲間たち。ほろ苦くも懐かしい、自伝的青春小説。

その晩、店を閉めたあと、主人が私の前に、でんっと日本酒の一升瓶を据えた。
「二十歳おめでとう」そう言って、コップを私に受け取らせた。
「今夜から堂々と酒が飲めるわけだ。まず、これを干しなさい」とコップになみなみと注いだ。
「ゆっくり、ゆっくり、のどを鳴らさぬように飲む。一滴残らず、あけなさい」
主人は私の飲みっぷりを観察している。「よし」とうなずいた。――(本文より)

製品情報

製品名 二十歳のあとさき
著者名 著:出久根 達郎
発売日 2002年01月16日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-211060-0
判型 四六
ページ数 280ページ
初出 「室内」1997年5月号~2001年7月号

書店在庫を見る