禅語の茶掛を読む辞典

ゼンゴノチャガケヲヨムジテン
著:沖本 克己 著・その他:角田 恵理子
禅語の茶掛を読む辞典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読める・わかる禅語の一行書
日本文化の粋《禅語の茶掛》早わかり辞典

・一滴乾坤(いってきけんこん)を潤す
(一滴の水が天下を潤す)

・応無処住而生其心(おうむしょじゅうにしょうごしん)
(依存すべき根拠は何処にもないのに、心が生じる)

・夏雲奇峰(かうんきほう)多し
(夏雲は高く聳え立ち、まるで巍々(ぎぎ)たる奇峰が立ち並んでいるようだ)

・紅炉上(こうろじょう)一点の雪
(赤々と熾(おこ)っている炉の上にひとひらの雪が)

・仏界入り易く魔界入り難し
(仏陀の世界には入り易いが、魔物の世界には入り難い)

世界と人間についての深い叡智をたたえた禅語の茶掛一行書。その禅的な意味・名筆の仕組みを、わかりやすく解説。

製品情報

製品名 禅語の茶掛を読む辞典
著者名 著:沖本 克己 著・その他:角田 恵理子
発売日 2002年01月24日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-210962-8
判型 小B6
ページ数 248ページ