いまの音 むかしの音

文芸(単行本)
イマノオトムカシノオト
  • 電子あり
いまの音 むかしの音
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

卓抜な論理と感覚が、20世紀芸術の本質を明らかにする。幸福な音楽とは何か? 幸福な音とは何か? ーーピカソは、芸術とは何かをさがしまわることではなくて、何かに出会うことだといった。そうして出会った音が何か自分にとって特別なもの、特別な意味を持っているものと感じた時、その人は音楽家になるのである。決してその逆ではない。音楽についての情報を頭につめこんだ音楽家には、その出会いが困難なものになる。……昔の音をなつかしく思うのは事実である。私が音楽を選んだのはその音によってである。それがいま失われようとしているのは何故か。……私はただ昔をなつかしんでいるわけにはゆかないのである。

製品情報

製品名 いまの音 むかしの音
著者名 著:遠山 一行
発売日 2000年10月27日
価格 定価:2,640円(本体2,400円)
ISBN 978-4-06-210262-9
判型 A5
ページ数 184ページ
初出 <いまの音 むかしの音>  「本」1999年6,7,8,9,10,11,12月号2000年2,4,1,5月号             <音楽手帖>  「群像」1996年2,3,4,6,7,8,12月号1997年1,4,5月号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る