空っ風

文芸(単行本)
カラッカゼ
空っ風
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

驚異的な力量をもった新人の登場。木枯し紋次郎以降に初めて現れた次世代股旅物の傑作。
幕末の激動期を駆け抜けた清水次郎長一家の喧嘩犬・小政の壮絶な生涯

驚異的な力量をもった新人の登場である。デビュー作『からくり乱れ蝶』、2作目『まやかし草紙』に続く本書『空っ風』は、清水次郎長一家の小政を主人公に、幕末の激動期を駆け抜けた男の生きざまを活写。硬質な詩情が漂う文体で、木枯し紋次郎以降に初めて現われた次世代股旅物の傑作である。――文芸評論家・菊池仁

製品情報

製品名 空っ風
著者名 著:諸田 玲子
発売日 1998年08月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-209231-9
判型 四六
ページ数 290ページ