死霊 九章

文芸(単行本)
シレイキュウショウ
死霊 九章
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦後50年書きつがれた『死霊』。9章完成。
津田安寿子の誕生祝いの席でも、己の思考の中に深く沈潜する三輪与志。そこに亡霊の黒服と青服が出現、大暗黒宇宙の無限大をもとりこむ《虚体》の謎が明かされる。

心の広大無辺性の上を三段跳びし得るのが、近代における世界文学の内実であって、それをさらに超出するのが、現代世界文学の運命である。

目次

  • 9章 《虚体》論――大宇宙の夢

製品情報

製品名 死霊 九章
著者名 著:埴谷 雄高
発売日 1995年12月07日
価格 定価:2,030円(本体1,845円)
ISBN 978-4-06-208013-2
判型 A5
ページ数 66ページ
初出 『群像』1995年11月号

書店在庫を見る