名探偵の掟

文芸(単行本)
メイタンテイノオキテ
名探偵の掟
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

’97年版『このミステリーがすごい!』第3位 密室トリック、首なし死体、消えた凶器……快刀乱麻の名探偵・天下一が挑む難事件。 「これぞ天下一、変幼自在の快作」 『密室宣言』を読み、手を拍(う)って以来のファンである。小林秀雄はいった、谷崎においてはマゾヒズムが(ついにもののあはれにまで到達した)と。本格推理の自虐趣味が、この『天下一シリーズ』では<をかし>の領域に行き着いた。コピーして人にも読ませたい。しかし、日本中に配るだけのコピーはとれない。それが難点だった。こうしてまとめられたのが、実に嬉しい。――北村薫

製品情報

製品名 名探偵の掟
著者名 著:東野 圭吾
発売日 1996年02月15日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-207400-1
判型 四六
ページ数 308ページ
初出 収録作品参照

書店在庫を見る