朝の歓び(下)

文芸(単行本)
アサノヨロコビ
朝の歓び(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生きてるってことは、朝。夜はいつか、朝になる。

かけちがえたボタンを外そう──良介の言葉に、日出子は両手を広げて答えた……「じゃあ、全部外して」

「奥さんが死んで、私に逢いに来た。そう思ったとき、血がたぎったの」「どうして?」「うんと困らせてやろうって気持ちが半分。やっぱり私を忘れられなかったんだって歓びが半分。どっちも、女にとったら、眠ってた血がたぎるようなことよ」日出子は、体をゆっくり動かして、自分の胸から上を、良介の腕の下にもぐり込ませた。

製品情報

製品名 朝の歓び(下)
著者名 著:宮本 輝
発売日 1994年04月11日
価格 定価 : 本体1,359円(税別)
ISBN 978-4-06-206986-1
判型 四六
ページ数 326ページ
初出 日本経済新聞朝刊平成4年9月14日~平成5年10月17日