作家の日記

講談社文芸文庫
サッカノニッキ
  • 電子あり
作家の日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

作家としての精神を育んだフランス留学時代の内的記録ーー1950年6月、第1回カトリック留学生として渡仏し、1953年2月、病によって帰国するまでの2年7ヵ月の、刺すような孤独と苦悩に満ちた日々。異文化の中で、内奥の〈原初的なもの〉と対峙して、〈人間の罪〉の世界を凝視し続けた、遠藤周作の青春。作家としての原点を示唆し、その精神を育んだフランス留学時代の日記。

製品情報

製品名 作家の日記
著者名 著:遠藤 周作 解説:高山 鉄男
発売日 2002年02月08日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-198286-4
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 福武文庫『作家の日記』(1996年12月)を底本として多少ふりがなを加えた。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る