新・平家物語(二)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

保元の乱前夜、爛れた世の病巣は、意外に深かった。院政という摩訶不思議な機構の上に、閏閥の複雑、堂上家の摂関争いの熾烈、その他もろもろの情勢が絡みあって、一時にウミを噴き出す。――かくて保元の乱は勃発したが、「皇室と皇室が戦い、叔父と甥が戦い、文字どおり骨肉相食(あいは)むの惨を演じた悪夢の一戦」であった。その戦後処理も異常をきわめ、禍根は尾をひいた。


人間世界の興亡、流転、愛憎を描く大ドラマ。皇室と皇室が戦い、叔父と甥が戦い、文字どおり骨肉相喰むの惨を演じた悪夢の一戦――その戦後処理の中から、怨みに報いる新しい怨みを生んで源平の争覇は続く。

製品情報

製品名 新・平家物語(二)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年03月24日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196548-5
判型 A6
ページ数 434ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る