新・平家物語(一)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

12世紀の初め、藤原政権の退廃は、武門の両統“源平”の擡頭をもたらした。しかし、強者は倶に天を戴かず。その争覇興亡が古典平家の世界である。『新・平家物語』も源平抗争の歴史を描くが、単なる現代訳でなく、古典のふくらんだ虚像を正し、従来無視された庶民の相(すがた)にも力点を置く。――100年の人間世界の興亡、流転、愛憎を主題に、7年の歳月を傾けた、著書鏤骨の超大作。


七年の歳月を傾けた、著者晩年の超大作。十二世紀の初め、藤原政権の退廃は武門の抬頭をゆるした――源平の登場だが、両雄は倶に天を載かず、宮枢の葛藤、対立とからんで、やがて保元・平治の乱へ突入。

製品情報

製品名 新・平家物語(一)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年03月24日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196547-8
判型 A6
ページ数 458ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る