新幹線500

絵本
シンカンセンゴヒャク
写真:広田 泉 写真:広田 尚敬
新幹線500
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 年表・E7系・E6系・E5系・N700系・E700系A・800系・700系・500系・E4系・E3系・E2系・E1系・400系・300系・200系・100系・0系・ドクターイエロー・イーストアイ・新幹線特製シール付き

製品情報

製品名 新幹線500
著者名 写真:広田 泉 写真:広田 尚敬
発売日 2014年07月31日
価格 定価:2,090円(本体1,900円)
ISBN 978-4-06-195489-2
判型 AB
ページ数 128ページ
シリーズ のりものアルバム(新)

著者紹介

写真:広田 泉(ヒロタ イズミ)

1969年、広田尚敬氏の次男として東京に生まれる。幼いころから、スピード感あふれる電車に興味を抱く。2002年より、フリーランスの写真家として活動。独特の感性と天性の色彩感覚で注目されている。また、カメラやレンズの解説も独自の切り口で手がける。著書は、近年刊行されている『のりものアルバム』が中心。千葉県在住。父・尚敬氏とのホームページの『鉄道写真.com』も、「広田尚敬の鉄道コラム」や「いつも快晴ときどき日記」など、充実した内容で好評を博している。

写真:広田 尚敬(ヒロタ ナオタカ)

1935年、東京生まれ。幼いころから「鉄道」に魅せられ、中学3年生のとき、初めて鉄道写真を撮影する。学生時代に、日本の鉄道雑誌や鉄道雑誌では最高峰といわれるアメリカのTRAIN誌に作品を発表する。1960年より、フリーランスの写真家として活動。1968年の初個展「蒸気機関車たち」で独自の表現世界を展開して評判となり、鉄道写真の世界を社会にアピール。単なる走行写真にとどまらない「流し撮り」や「長時間露光による夜間撮影」といった斬新な手法を次々と生み出したほか、1988年に設立された日本鉄道写真作家協会の初代会長を務めるなど、「鉄道写真の神様」として、作品と人柄を慕われている。「のりものアルバム」シリーズ(講談社)には創刊時から参画、2011年には創刊30周年を迎える大ベストセラーシリーズになっている。2010年、鉄道写真を撮り始めてから満60年を迎えたことを記念し、6つの出版社より7冊の書籍が刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス