見知らぬ海へ

講談社文庫
ミシラヌウミヘ
見知らぬ海へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国末期、好きな釣りに出ている時、城が敵の攻撃を受け、父と兄を失った男がいた。魚釣り侍と揶揄された向井正綱だが、遺志を受け継ぎ、北条水軍との駿河湾決戦で向井水軍の長として頭角を現していく。迫力溢れる戦闘場面、戦乱の世での父と子の生き様、徳川家康をも唸らせた、海の武将を描く歴史ロマン。(講談社文庫)


戦国末期、好きな釣りに出ている時、城が敵の攻撃を受け、父と兄を失った男がいた。魚釣り侍と揶揄された向井正綱だが、遺志を受け継ぎ、北条水軍との駿河湾決戦で向井水軍の長として頭角を現していく。迫力溢れる戦闘場面、戦乱の世での父と子の生き様、徳川家康をも唸らせた、海の武将を描く歴史ロマン。

製品情報

製品名 見知らぬ海へ
著者名 著:隆 慶一郎
発売日 1994年09月05日
価格 定価:565円(本体514円)
ISBN 978-4-06-185774-2
判型 A6
ページ数 300ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1990年10月、講談社より単行本として刊行。

書店在庫を見る