ひらり(4)

講談社文庫
ヒラリ4
  • 電子あり
ひらり(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

竜太先生とみのりとひらり。三人の関係は? 両国で部屋を続けられることになり、近所一同ほっと一息をついた。竜太先生の去就、ひらりの仕事、すみれの恋愛と、両国界隈はいつも何か事件が持ち上がる……。芦屋出身で竜太と同期の外科医・小林雅人の強引なプロポーズに、つい、うなずいてしまったみのり。でも、何かにつけて竜太が気になって仕方がない……。質屋を継ぐことになったゆき子と、左遷でしょげる洋一は、ますますすれ違い、ひらりは梅若部屋でてんてこまい。NHKの人気連続テレビ小説「ひらり」脚本集。<全4巻・完結>

製品情報

製品名 ひらり(4)
著者名 著:内館 牧子 装丁:岸 顯樹郎
発売日 1993年03月03日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-185385-0
判型 A6
ページ数 510ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る