四千万歩の男(五)

講談社文庫
ヨンセンマンポノオトコ
  • 電子あり
四千万歩の男(五)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

青年二宮金次郎と“百姓論語”を闘わせ鰹節騒動では危うく情事の罠に。とかく学問より俗事に心奪われる伊能隊、再三の“測量中止”の危機を脱し、有望な孤児や人気女形をお伴に江戸へ。忠敬が“人生二山”を生きた江戸後期の、新しい文化の旗手を多士済々に登場させ、人間忠敬とその時代を縦横に描く大作、完結。(講談社文庫)


青年二宮金次郎と“百姓論語”を闘わせ鰹節騒動では危うく情事の罠に。とかく学問より俗事に心奪われる伊能隊、再三の“測量中止”の危機を脱し、有望な孤児や人気女形をお伴に江戸へ。忠敬が“人生二山”を生きた江戸後期の、新しい文化の旗手を多士済々に登場させ、人間忠敬とその時代を縦横に描く大作、完結。

製品情報

製品名 四千万歩の男(五)
著者名 著:井上 ひさし 解説:武蔵野 次郎
発売日 1993年03月03日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-185340-9
判型 A6
ページ数 712ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’86年「日本歴史文学館」の一冊として初刊行。’90年1月 単行本として本社より刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る