捨て童子・松平忠輝(下)

講談社文庫
ステドウジ・マツダイラタダテル
捨て童子・松平忠輝(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大坂夏の陣、忠輝のもとに出陣命令が下る。大坂城中のキリシタン牢人に、キリシタンに理解が深い忠輝の軍勢をぶつけようという、兄秀忠の底意地の悪い計画。そして、父家康と兄秀忠の暗闘、宿敵柳生一族との確執。途方もないエネルギーを持つがゆえ、波瀾の生涯を送る忠輝を描く長編伝奇ロマン全3巻完結。(講談社文庫)


家康の第6子・松平忠輝の波瀾の生涯。

大坂夏の陣、忠輝のもとに出陣命令が下る。大坂城中のキリシタン牢人に、キリシタンに理解が深い忠輝の軍勢をぶつけようという、兄秀忠の底意地の悪い計画。そして、父家康と兄秀忠の暗闘、宿敵柳生一族との確執。途方もないエネルギーを持つがゆえ、波瀾の生涯を送る忠輝を描く長編伝奇ロマン全3巻完結。

目次

  • 遣欧使節(二)
  • 忠隣始末
  • その前夜
  • 決断
  • 旅立ち
  • 執筆を終えて

製品情報

製品名 捨て童子・松平忠輝(下)
著者名 著:隆 慶一郎
発売日 1993年01月07日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-185321-8
判型 A6
ページ数 332ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『新潟日報』・『河北新報』・『東愛知新聞』・『北海タイムス』・『しんあいち』・『下野新聞』ほか地方11紙に1987年5月22日~1988年11月16日連載、1990年1月、本社より単行本として刊行。

書店在庫を見る