妖女のごとく

講談社文庫
ヨウジョノゴトク
  • 電子あり
妖女のごとく
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

友人の結婚相手にと、大河内女医の身辺を探りはじめた辰野は、いつしか妖しい魅力の虜になり、底知れぬ蠱惑(こわく)の罠に陥っていく。やがて明かされる意外な真相が、さらに恐怖を呼び起こす……。都会感覚あふれる傑作サスペンスロマン。


誰にでもやさしい、美貌の女医・大河内葉子は、はたして天使か魔女か!?友人の結婚相手にと、大河内女医の身辺を探りはじめた辰野は、いつしか妖しい魅力の虜になり、底知れぬ蠱惑(こわく)の罠に陥っていく。やがて明かされる意外な真相が、さらに恐怖を呼び起こす……。都会感覚あふれる傑作サスペンスロマン。

目次

  • 好奇心は危険だ (一)
  • 好奇心は危険だ (二)
  • 渦に近よる
  • 一歩、入ってみて……
  • 医師
  • 秘密のひとつ
  • 生れ変り
  • エリザベート・バートリー
  • 女医の告白
  • 宮沢医師の手紙
  • 闇のなか (一)
  • 闇のなか (二)

製品情報

製品名 妖女のごとく
著者名 著:遠藤 周作 装丁:菊地 信義
発売日 1991年04月05日
価格 定価:565円(本体514円)
ISBN 978-4-06-184879-5
判型 A6
ページ数 298ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る