封神演義(中)

講談社文庫
ホウシンエンギ
  • 電子あり
  • 映像化
封神演義(中)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

軍師に姜子牙(きょうしが)(太公望)を得て紂(ちゅう)王討伐の軍を興した周の文王は、征途なかばにして世を去った。子姫発(きはつ)が後を嗣ぎ武王を名乗る。一方、都朝歌(ちょうか)では、千年の狐狸精妲己(だっき)(妲妃)欺弄されて、紂王が自堕落な日々を過ごしていた。諸侯は相次いで旗揚げ、武王を盟主と仰いで会盟の地孟津(もうしん)へと兵馬を進める。(講談社文庫)


読みだしたら、やめられない! 中国の大伝奇ロマン。軍師に姜子牙(きょうしが)(太公望)を得て紂(ちゅう)王討伐の軍を興した周の文王は、征途なかばにして世を去った。子姫発(きはつ)が後を嗣ぎ武王を名乗る。一方、都朝歌(ちょうか)では、千年の狐狸精妲己(だっき)(妲妃)欺弄されて、紂王が自堕落な日々を過ごしていた。諸侯は相次いで旗揚げ、武王を盟主と仰いで会盟の地孟津(もうしん)へと兵馬を進める。全3巻。

製品情報

製品名 封神演義(中)
著者名 訳:安能 務
発売日 1988年12月07日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-184321-9
判型 A6
ページ数 498ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る