庖丁ざむらい 十時半睡事件帖

講談社文庫
ホウチョウザムライトトキハンスイジケンチョウ
庖丁ざむらい 十時半睡事件帖
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

黒田藩の要職を歴任して、いまは隠居の身の十時半睡だが、藩の生き字引として尊敬を受け、藩士にからんだトラブルの相談がしばしば持ちこまれる。刀剣マニア同士の悲喜劇、ノミの夫婦にまつわる騒動など、泰平の武士の人間的な側面に対して半睡が、経験によるさばけた“十時さばき”を示す連作集。(講談社文庫)


黒田藩の要職を歴任して、いまは隠居の身の十時半睡だが、藩の生き字引として尊敬を受け、藩士にからんだトラブルの相談がしばしば持ちこまれる。刀剣マニア同士の悲喜劇、ノミの夫婦にまつわる騒動など、泰平の武士の人間的な側面に対して半睡が、経験によるさばけた“十時さばき”を示す連作集。

目次

  • 第一話 鴫と蛤は漁師がとる
  • 第二話 虫けらの怨
  • 第三話 庖丁ざむらい
  • 第四話 玄界島
  • 第五話 鉋ざむらい
  • 第六話 さむらい志願
  • 第七話 丁半ざむらい
  • 第八話 水馬の若武者
  • 第九話 合わせて一つ
  • 第十話 人形妻
  • 第十一話 人まね鳥
  •  年 譜 磯貝勝太郎

製品情報

製品名 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖
著者名 著:白石 一郎
発売日 1987年10月08日
価格 定価:607円(本体552円)
ISBN 978-4-06-184098-0
判型 A6
ページ数 322ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る