好太王碑の謎 日本古代史を書きかえる

講談社文庫
コウタイオウヒノナゾニホンコダイシヲカキカエル
著:李 進煕 装丁:志賀 紀子
  • 電子あり
好太王碑の謎 日本古代史を書きかえる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ古代の日朝関係碑文が改ざんされたのか? 隠された狙いと作りかえの真相を明かす。参謀本部が加えた碑文改竄の狙いは何か? ーー「謎の四世紀」といわれる日本古代史にあって、「任那日本府」の存在を裏づける不可欠な資料が、好太王碑であった。ヤマト政権の成立と統一の時期を論ずる根拠として利用され、教科書にまで登場している。しかし、そこには意図した歴史の作りかえがなされていた。なぜ、古代の日朝関係碑文が改竄されたのか。多年の研究から決定的な真相を明かす。

製品情報

製品名 好太王碑の謎 日本古代史を書きかえる
著者名 著:李 進煕 装丁:志賀 紀子
発売日 1985年07月08日
価格 定価:484円(本体440円)
ISBN 978-4-06-183578-8
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る