「朱子語類」抄

講談社学術文庫
シュシゴルイショウ
訳・その他:三浦 國雄
  • 電子あり
「朱子語類」抄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

儒教・仏教・道教を統合した「新儒教」=朱子学。創始者朱熹(1130~1200)の発言を弟子が書き留めた『朱子語類』。巻1「理気」から巻140「詩」にいたる膨大な書は、万物の原理を求め、縦横無尽に哲学を展開する。理とは? 気とは? 「性即理」とは? 宇宙の一部である人間は、いかにして善をなしうるのか? 近世以降の東アジアを支配した思想を改めて読み直す。(講談社学術文庫)


中世より日本思想の背骨になった朱子学とは。儒教・仏教・道教を統合した「新儒教」=朱子学。宇宙から人間まで万物の原理を対象とする哲学とは? 理とは? 気とは? 礼とは? 善なる人間への道を示す。

目次

  • 第1章 門生たちへ
  • 第2章 聖人学んで至るべし
  • 第3章 新しい古典学
  • 第4章 世界の構造
  • 第5章 人間の凝視
  • 第6章 異端批判
  • 第7章 歴史と文学

製品情報

製品名 「朱子語類」抄
著者名 訳・その他:三浦 國雄
発売日 2008年10月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-159895-9
通巻番号 1895
判型 A6
ページ数 592ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1976年12月、朝日新聞社より刊行。

著者紹介

書店在庫を見る

オンライン書店で見る