孝経 <全訳注>

講談社学術文庫
コウキョウゼンヤクチュウ
孝経 <全訳注>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間観・死生観の結晶 儒教の古典を読み直す

本文18章と付篇1章から成る小篇である『孝経』は、
孝道を論じた儒教の経書で、古来永く読み継がれてきた。しかし、単に親への孝行を説く道徳の書ではなく、中国人の死生観・世界観が凝縮された書である。
『女孝経』『父母恩重経』「法然上人母へのことば」など中国と日本の『孝経』周辺資料も多数紹介・解読し、精神的紐帯としての家族を重視する人間観を分析する。

従来、『孝経』と言えば、子の親への愛という、いわゆる親孝行と、孝を拡大延長した政治性という、いわゆる統治思想と、この両者の混在といった解釈がなされることが多く、それが『孝経』の一般的評価であった。そうではない。『孝経』全体としては、やはり死生観に関わる孝の宗教性が根本に置かれている。その上に、祖先祭祀・宗廟といった礼制が載っているのである。――<本書「『孝経』の主張」より>

目次

  • 第1部 『孝経』訳注
  • 第2部 『孝経』とは何か
  • 第3部 『孝経』の歴史
  • 第4部 『孝経』・孝に関連して
  • 附編 『孝経』関係テキストの図版

製品情報

製品名 孝経 <全訳注>
著者名 著:加地 伸行
発売日 2007年06月08日
価格 定価 : 本体1,360円(税別)
ISBN 978-4-06-159824-9
通巻番号 1824
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス