バロック音楽名曲鑑賞事典

講談社学術文庫
バロックオンガクメイキョクカンショウジテン
  • 電子あり
バロック音楽名曲鑑賞事典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生きる喜びが溢れる豊かな生のドラマ、バロック音楽。新しく誕生したオペラ、心の奥底まで響く宗教音楽、多彩に奏で歌う協奏曲、宮廷を輝かせる典雅な調べ。カッチーニ、モンテヴェルディ、シュッツやクープラン、ヴィヴァルディ、ヘンデル、バッハ等の作品から隠れた名曲、感動の演奏を厳選。西洋音楽史研究の第一人者が古楽の沃野から選んだ名曲100曲の魅力をあまさず語る。


千変万化、百花繚乱 バロック名曲100選

生きる喜びが溢れる豊かな生のドラマ、バロック音楽。新しく誕生したオペラ、心の奥底まで響く宗教音楽、多彩に奏で歌う協奏曲、宮廷を輝かせる典雅な調べ。カッチーニ、モンテヴェルディ、シュッツやクープラン、ヴィヴァルディ、ヘンデル、バッハ等の作品から隠れた名曲、感動の演奏を厳選。西洋音楽史研究の第一人者が古楽の沃野から選んだ名曲100曲の魅力をあまさず語る。

私が無人島に持っていきたい曲は、モンテヴェルディの《聖母マリアの夕べの祈り》である。《マタイ受難曲》ではないのですか、とよくいわれるが、さすがの《マタイ》も《ヴェスプロ》の前では色褪せる、というのがかねてからの実感である。中世以来連綿と続いてきた、「マリア崇敬」の芸術――その頂点が美術ではラファエロの聖母像にあるとすれば、音楽では、間違いなくこの作品にあると思う。――<本書「モンテヴェルディ 《聖母マリアの夕べの祈り》」より>

目次

  • はじめに
  • 1 カッチーニ 歌曲《アマリリ麗し》
  • 2 ゲドロン エール・ド・クール《死すべき者よ》
  • 3 モンテヴェルディ 《マドリガーレ集第4巻》
  • 4 スウェーリンク 変奏曲《わが青春はすでに過ぎ去り》
  • 5 モンテヴェルディ 歌劇《オルフェオ》
  • 6 モンテヴェルディ 《聖母マリアの夕べの祈り》
  • 7 プレトーリウス 舞曲集《テルプシコーレ》
  • 8 ガブリエーリ 《カンツォーナ》
  • 9 フレスコバルディ オルガン曲集《フィオーリ・ムジカーリ》
  • 10 シュッツ 《音楽による葬儀》
  • 11 モンテヴェルディ 歌劇《ウリッセの帰還》
  • 12 モンテヴェルディ 歌劇《ポッペアの戴冠》
  • 13 カリッシミ オラトリオ《イェフタ》
  • 14 シュッツ オラトリオ《十字架上の七つの言葉》
  • 15 ヴァン・エイク リコーダー曲《涙のパヴァーヌ》
  • 16 シュッツ 《宗教的合唱曲集》
  • 17 チェスティ 歌劇《オロンテーア》
  • 18 シャンボニエール クラヴサン組曲ニ短調
  • 19 カヴァッリ 歌劇《カリスト》
  • 20 トゥンダー モテット《ああ主よ、あなたのいとしい天使に命じて》
  • 21 フローベルガー チェンバロ組曲第20番ニ長調
  • 22 リュリ コメディ・バレ《町人貴族》
  • 23 ストラデッラ オラトリオ《洗礼者聖ヨハネ》
  • 24 ビーバー ヴァイオリン曲集《ロザリオのソナタ》
  • 25 リュリ 歌劇《アティス》
  • 26 ブクステフーデ オルガン曲《プレリュードとフーガ》ト短調
  • 27 ドラランド 《テ・デウム》
  • 28 パーセル 歌劇《ディドとエネアス》
  • 29 コレッリ 《クリスマス協奏曲》
  • 30 シャルパンティエ 《ルソン・ド・テネーブル》
  • 31 パーセル 《聖セシリア日のための頌歌》
  • 32 シャルパンティエ 《真夜中のミサ曲》
  • 33 ブロウ 《ヘンリー・パーセル氏の死を悼む頌歌》
  • 34 ブルーンス オルガン曲《プレリュードとフーガ》ホ短調
  • 35 カルダーラ オラトリオ《キリスト足下のマグダラのマリア》
  • 36 グリニー 《オルガン曲集第1巻》
  • 37 コレッリ ヴァイオリン・ソナタ集作品5
  • 38 カンプラ 《レクイエム》
  • 39 ベーム コラール・パルティータ《ああ、いかにはかなき、ああ、いかに空しき》
  • 40 マレ ヴィオール曲《サント=コロンブ氏へのトンボー》
  • 41 A・スカルラッティ セレナータ《愛の園》

製品情報

製品名 バロック音楽名曲鑑賞事典
著者名 著:礒山 雅
発売日 2007年02月09日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-159805-8
通巻番号 1805
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る