後白河法皇

講談社学術文庫
ゴシラカワホウオウ
後白河法皇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彼は〈日本一の大天狗〉だったのか?
中世胎動期に屹立する政治的巨人が透視したもの

源頼朝に対抗し、守旧勢力を巧妙に操った老獪な〈大天狗〉。はたまた『梁塵秘抄』を編纂した粋狂な男。後白河がいなければ、天皇制は存続しなかったかもしれない。古代王権を中世王権へと再生させるために、法皇は何を考えていたのか? 王権の機能を再編成し、文化情報の収集・独占と操作の意味を透視した天才の精神に迫る。

目次

  • 第1章 後白河論序説
  • 第2章 後白河王権期の都市京都――『方丈記』に見るイメージ
  • 第3章 中世国家の成立
  • 第4章 『参天台五台山記』――日宋交流史の一断面
  • 解説「故・棚橋光男の人と仕事」/高橋昌明

製品情報

製品名 後白河法皇
著者名 著:棚橋 光男
発売日 2006年08月12日
価格 定価:1,056円(本体960円)
ISBN 978-4-06-159777-8
通巻番号 1777
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1995年12月、講談社選書メチエとして小社より刊行。

書店在庫を見る