聖書の読み方

講談社学術文庫
セイショノヨミカタ
  • 電子あり
聖書の読み方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界でもっとも多く読まれている書物であるにもかかわらず、ともすれば日本人には敬遠されがちな聖書。しかし、そこには意味深いメッセージが随所に秘められている。律法と福音、処女降誕、キリストの復活……。これらの真の意味は何か。「北森神学」で知られる著者が、聖書そのものに即して伝授する読み解くためのコツの数々。聖書初学者必読の書。(講談社学術文庫)


わかりづらい聖書を読み解く「コツ」を伝授。聖書には多くのメッセージが秘められている。聖書に基づくケイス・スタディにより、その読み方を具体的かつ根元的なかたちで提示。聖書の魅力を浮き彫りにする。

目次

  • 1.聖書をどう読むか
  •  1.新幹線から各駅停車へ
  •  2.すかし模様としてのメッセージ
  •  3.奇跡と異象
  • 2.聖書そのものへ
  •  ケイス・スタディ
  •  1.詩篇第105篇――破壊を通しての守護
  •  2.詩篇第107篇――深い所で
  •  3.詩篇第78篇――「狂った弓」としての原罪
  •  4.詩篇第106篇――破れ口に立つ
  •  5.創世記第17章――アブラハムの笑い
  •  6.士師記第16章――サムソンとデリラ
  •  7.イザヤ書第46章――神に負われて
  •  8.ヨハネによる福音書第8章――罪なき者、石をなげうて
  •  9.マタイによる福音書第26章――イエスとユダ
  •  10.コリント人への第一の手紙第9章――伝道の姿勢
  •  11.ガラテヤ人への手紙第2章――キリスト神秘主義
  •  12.ヘブル人への手紙第2章――不信仰者の問題
  •  13.ヨハネの第一の手紙第3章――友への愛と敵への愛

製品情報

製品名 聖書の読み方
著者名 著:北森 嘉蔵
発売日 2006年03月11日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-159756-3
通巻番号 1756
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1971年に小社から刊行された同名の書を文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る