絵で見る幕末日本

講談社学術文庫
エデミルバクマツニホン
絵で見る幕末日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

細密で美しい挿画140点
幕末の江戸・長崎・京都などが鮮やかに蘇る

鋭敏な観察力、才能豊かな筆の運び。1863年4月、日瑞修好通商条約締結のため来日したスイス時計業組合会長が見聞した幕末日本の諸相。長崎・京都・鎌倉など日本各地の様子、特に江戸の町を鉛筆と手帳を携えて巡り歩き、鮮やかに描き出す。床屋・本屋・武道場等の情景や武家屋敷のたたずまいがありありと蘇る。細密で美しい挿画140点を掲載。

目次

  • 第1章 渡航、長崎と下関
  • 第2章 瀬戸内海
  • 第3章 江戸湾
  • 第4章 日本のヨーロッパ人居留地
  • 第5章 われらの隣人
  • 第6章 国と国民
  • 第7章 日本人の家庭生活
  • 第8章 ミカドの邸宅
  • 第9章 京都の芸術と流行
  • 第10章 金沢への遠足
  • 第11章 タイクンの居館
  • 第12章 鎌倉の神社仏閣
  • 第13章 東海道
  • 第14章 ヨーロッパの使節代表
  • 第15章 高輪と愛宕下
  • 第16章 城の周辺
  • 第17章 江戸の商人地区
  • 第18章 江戸の橋
  • 第19章 本 所
  • 第20章 芸術品と工業製品
  • 第21章 江戸庶民の娯楽
  • 第22章 祭りと祭日
  • 第23章 浅草と吉原

製品情報

製品名 絵で見る幕末日本
著者名 著:エメェ・アンベ-ル 訳:茂森 唯士
発売日 2004年09月10日
価格 定価:1,408円(本体1,280円)
ISBN 978-4-06-159673-3
通巻番号 1673
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は、『幕末日本-異邦人の絵と記録に見る』(1966年11月、東都書房刊)を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス