朝鮮紀行

講談社学術文庫
チョウセンキコウエイコクフジンノミタリチョウマッキ
  • 電子あり
朝鮮紀行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。


英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔。

英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

目次

  • 著者まえがき
  • 第一部
  • 序章
  • 第一章 朝鮮の第一印象
  • 第二章 首都の第一印象
  • 第三章 コドゥン
  • 第四章 ソウルの種々
  • 第五章 旅支度/朝鮮の舟
  • 第六章 漢江とそのほとり
  • 第七章 漢江とその人々
  • 第八章 自然の美しさ/急流
  • 第九章 婚礼にまつわる朝鮮の風習
  • 第十章 朝鮮馬/朝鮮の道路と宿
  • 第十一章 金剛山の仏刹
  • 第十二章 長安寺から元山へ
  • 第十三章 迫りくる戦争/済物浦の動揺
  • 第十四章 牛荘/満州
  • 第十五章 満州の洪水/奉天
  • 第十六章 奉天
  • 第十七章 奉天の動揺
  • 第十八章 長崎/ウラジオストク
  • 第二部
  • 第十九章 朝鮮の国境
  • 第二十章 新しい帝国
  • 第二十一章 国王の誓告/国王と王妃
  • 第二十二章 過渡期/「正月一五日」
  • 第二十三章 朝鮮史の暗部
  • 第二十四章 李ハギン氏/葬礼にまつわる風習
  • 第二十五章 坡州から松都へ
  • 第二十六章 松都から平壌へ
  • 第二十七章 北へ、いざ!
  • 第二十八章 徳川から平壌へ
  • 第二十九章 朝鮮の女性の地位
  • 第三十章 キリスト教伝道団
  • 第三十一章 「まげ」/朝鮮版ヒジュラ
  • 第三十二章 国政改革
  • 第三十三章 教育/貿易/財政
  • 第三十四章 朝鮮のシャーマニズム
  • 第三十五章 朝鮮のシャーマニズム(つづき)
  • 第三十六章 一八九七年のソウル
  • 第三十七章 最後に
  • 原注

製品情報

製品名 朝鮮紀行
著者名 著:イザベラ・バ-ド 訳:時岡 敬子
発売日 1998年08月10日
価格 定価:1,848円(本体1,680円)
ISBN 978-4-06-159340-4
通巻番号 1340
判型 A6
ページ数 584ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 『朝鮮紀行』’95年に図書出版社より刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る