漱石とあたたかな科学

講談社学術文庫
ソウセキトアタタカナカガクブンゴウノサイエンス・アイ
漱石とあたたかな科学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夏目漱石は当時の文人としては異例な科学好きであった。『三四郎』で野々宮理学士が行う「光線の圧力測定」の実験などには、手作りの装置でこつこつと自然の謎を解明しようとする科学者の純朴な姿がある。現代科学には失われてしまった人肌のぬくもりを持つ1世紀前の科学は、漱石の作品に味わい深さと膨らみを与えた。科学をこよなく愛した文豪を、同時代の科学史的背景と共に描いた異色の漱石論。

製品情報

製品名 漱石とあたたかな科学
著者名 著:小山 慶太
発売日 1998年04月10日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-159324-4
通巻番号 1324
判型 A6
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1995年1月、文藝春秋から刊行

書店在庫を見る