トマスによる福音書

講談社学術文庫
トマスニヨルフクインショ
トマスによる福音書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1945年、エジプトで写本が発見され、「新発見の福音書」として世界にセンセーションをまきおこした。〈トマスによる福音書〉―異端として排斥されたグノーシス派の立場から編まれた114のイエスの語録集である。新約聖書学・グノーシス主義研究の世界的権威がその語録を精緻に注解し、独自の福音書を明らかにした本書は、従来の「正典福音書」のイエス像を一変させることを迫る衝撃の書である。

目次

  • 1 トマス福音書の背景
  •   1.ナグ・ハマディ文書の発見とその内容
  •   2.教会神父たちの証言
  •   3.オクシリンコス・パピルスとの関係
  •   4.外典との関係
  •   5.福音書正典との関係
  •     1.トマス福音書とQ
  •     2.トマス福音書とマルコ資料
  •     3.トマス福音書とマタイ特殊資料
  •     4.トマス福音書とルカ特殊資料
  •     5.トマス福音書の伝承史上の位置
  •   6.「正典」と「外典」成立史上におけるグノーシス主義の位置
  •     1.「正統」と「異端」
  •     2.グノーシス主義「外典」
  •     3.グノーシス派の「聖書」解釈原理
  •     4.グノーシス主義の「聖書」解釈
  • 2 トマス福音書のイエス語録―翻訳と注解
  • 3 トマス福音書のイエス
  •   1.「無知」から「覚知」へ
  •   2.光―生けるイエス
  •   3.「単独者」―「統合」を目指して

製品情報

製品名 トマスによる福音書
著者名 著:荒井 献
発売日 1994年11月02日
価格 定価:1,353円(本体1,230円)
ISBN 978-4-06-159149-3
通巻番号 1149
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 『隠されたイエス』として’84年4月、小社より刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス