現代の社会科学者 現代社会科学における実証主義と理念主義

講談社学術文庫
ゲンダイノシャカイカガクシャゲンダイシャカイカガクニオケルジッショウシュギトリネンシュギ
著:富永 健一 その他:志賀 紀子 装丁:蟹江 征治
現代の社会科学者 現代社会科学における実証主義と理念主義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

18世紀から現代にかけて、社会科学は実証主義と理念主義の2大潮流を形成した。前者はコント、ミルに始まり、ワルラスの均衡理論はミクロ経済学の礎となり、パーソンズの機能理論は社会学発展に寄与した。一方、ヘーゲルに発する理念主義はディルタイの歴史主義、フッサールの現象学、そしてマルクス主義を生んだ。本書はこの社会科学の大河に分け入り、源流から現代に至るまでを克明に論述する。

目次

  • ●1 現代社会科学における科学理論的問題
  •  1 自然科学・社会科学・人文学
  •  2 近代化・産業化と社会科学
  •  3 発生期社会科学の第1の流れ――啓蒙主義から実証主義へ
  •  4 発生期社会科学の第2の流れ――ドイツ観念論
  •  5 現代社会科学と「科学理論」
  • ●2 現代社会科学における実証主義(1)
  •  1 実証主義の考え方の特徴
  •  2 古典的実証主義
  •  3 帰納論理の問題点
  •  4 新実証主義(1)
  •  5 新実証主義(2)
  • ●3 現代社会科学における実証主義(2)
  •  1 社会科学と「パラダイム」
  •  2 実証主義社会科学の主潮流
  •  3 均衡理論
  •  4 システム理論
  •  5 機能理論
  • ●4 現代社会科学における理念主義
  •  1 現代社会科学における理念主義の位置
  •  2 歴史学派と歴史主義
  •  3 現象学
  •  4 マルクス主義と批判理論
  •  5 実証主義と理念主義との接点――行為理論

製品情報

製品名 現代の社会科学者 現代社会科学における実証主義と理念主義
著者名 著:富永 健一 その他:志賀 紀子 装丁:蟹江 征治
発売日 1993年10月04日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-159096-0
通巻番号 1096
判型 A6
ページ数 526ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る