アルチュセ-ルの思想

講談社学術文庫
アルチュセールノシソウレキシトニンシキ
著:今村 仁司 装丁:蟹江 征治 その他:多田 進
アルチュセ-ルの思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

唯物論的発展段階説、人間疎外論、社会主義革命論──マルクス主義は硬直した言説(イデオロギー)に覆い尽されている。それら矮小なレッテルを退け、アルチュセールは、マルクスの思想をその可能性の中心において読み解く。歴史と社会に関する科学的認識の理論として。空前の哲学革命・科学革命の理論としてのマルクス主義を未来へ向けて再生し、構造主義=ポスト構造主義への地平を拓いた現代思想の巨人の全体像を描く。

目次

  • 第1章 アルチュセールの哲学への一般的序説
  •  1 認識論的接近
  •  2 古典派経済学・ヘーゲル・マルクス
  •  3 歴史観上の「認識論的断絶」
  •  4 科学革命
  •  5 哲学革命
  •  6 フランス認識論とアルチュセール
  • 〈補論〉 アルチュセールとフランス認識論
  •  1 アルチュセールの仕事
  •  2 科学的実践
  •  3 科学とイデオロギー
  • 第2章 マルクス主義と認識論
  •  1 はじめに
  •  2 認識論の課題
  •  3 読解上の諸問題
  •  4 読解方法の二形態
  •  5 経験主義批判
  •  6 マルクスの認識論
  • 第3章 理論的実践の構造
  •  1 はしがき
  •  2 認識論(エピステモロジー)
  •  3 理論的実践の理論
  •  4 結論
  • 第4章 理論的実践の一例──マルクス『経済学批判序説』の分析──
  •  1 はじめに
  •  2 マルクスの古典派経済学批判
  •  3 『経済学批判序説』の分析
  •  4 生産様式
  •  5 結語
  • 第5章 歴史と弁証法
  •  1 はしがき
  •  2 マルクスとアルチュセール
  •  3 弁証法の問題(1)
  •  4 弁証法の問題(2)
  •  5 弁証法の問題(3)
  •  6 社会的全体性(1)──ヘーゲル
  •  7 社会的全体性(2)──マルクス
  •  8 結語
  • 第6章 歴史と認識──アルチュセールとアルフレート・シュミット──
  •  1 はじめに
  •  2 「歴史に対する構造主義の攻撃」
  •  3 『歴史と構造』
  •  4 若干の問題
  • 第7章 思想と政治──アルチュセールとジョン・ルイス──
  •  1 はじめに
  •  2 ジョン・ルイス
  •  3 アルチュセール
  •  4 《断絶》論の再考
  •  5 『ルイスに答える』の問題性
  • 第8章 マルクス主義と社会科学──ひとつの小学界展望──
  •  1 マルクス主義と社会科学
  •  2 アルチュセール学派の仕事
  •  3 マルクス経済学のルネサンス
  •  4 イデオロギー論と人類学

製品情報

製品名 アルチュセ-ルの思想
著者名 著:今村 仁司 装丁:蟹江 征治 その他:多田 進
発売日 1993年08月04日
価格 定価:1,068円(本体971円)
ISBN 978-4-06-159089-2
通巻番号 1089
判型 A6
ページ数 396ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る