ルネサンスと宗教改革

講談社学術文庫
ルネサンストシュウキョウカイカク
著:西村 貞二 装丁:多田 進 装丁:蟹江 征治
ルネサンスと宗教改革
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ルネサンスと宗教改革は他ならぬ「中世」の嫡子であり、その間に断絶はない。にしても、敬虔な「中世の秋」の暮れたところから、光輝あふれる人間主義の新時代が始まったのも事実。神の国から地上の国へ。ここに宗教的桎梏から解き放たれた人間の、芸術と思想の花が絢爛と開花し、近代文明の母胎となった。世界史のなかで最も華麗で波瀾にとんだ300年間を興味深いエピソードと「旅情」で綴る西洋歴史物語。

目次

  • ●1 神の国と地上の国
  •  アウグスティヌスの「神の国」/神の国から地上の国へ(1)/神の国から地上の国へ(2) ほか
  • ●2 新しい生
  •  ある愛の物語/中世最後のひと/ヴァザーリの「美術家伝」 ほか
  • ●3 花の都
  •  若き日の沢木四方吉/フィレンツェの京都/金の力 ほか
  • ●4 金の世の中
  •  商人根性/ボッカッチョとヴィラーニ/やりくりと結婚プレゼント ほか
  • ●5 赤裸の権力
  •  戦国時代をくらべる/ヴィスコンティ悪行法/強襲の人 ほか
  • ●6 失われた時をもとめて
  •  アヴィニョンをたずねて/ペトラルカの登山/悩めるたましい ほか
  • ●7 万能の天才
  •  花の都のコンクール/職人と芸術家/ジョットの逸話 ほか
  • ●8 西欧ヒューマニストの栄光と挫折
  •  北方ヒューマニズムの王者/虚構と真実/悲劇的な最期 ほか
  • ●9 カトリックとプロテスタント
  •  カトリック教会/プロテスタントということば/ふたつのプロテスタンティズム ほか
  • ●10 信仰ひとすじ
  •  私はここに立つ/運命の星かがやくとき/改革の条件 ほか
  • ●11 騎士と死神と悪魔と
  •  一対の名画/誇りたかきニュルンベルク人/自画像 ほか
  • ●12 自由か独裁か
  •  自由の証人/自由からの遁走/カッペルに死す ほか
  • ●13 禁欲思想の系譜
  •  禁欲東と西/勤労のすすめ/怠惰のすすめ ほか
  • ●14 剣と教え
  •  陥穽と振子/宗教裁判の歴史から/トレドの秋/禁じられた本 ほか
  • ●15波濤のかなた
  •  未知の大海原/ヨーロッパ人の世界的発展/征服と宣教 ほか
  • ●16 女王と海賊
  •  イギリス史上の女王/青鬚王の6人の妻/青鬚王の遺児たち ほか
  • ●17 政治への道
  •  宗教から政治へ/市民の楽園/策略好きのイタリア女 ほか

製品情報

製品名 ルネサンスと宗教改革
著者名 著:西村 貞二 装丁:多田 進 装丁:蟹江 征治
発売日 1993年02月04日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-159062-5
通巻番号 1062
判型 A6
ページ数 348ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る